佐賀大学 農学部 生物環境科学科 資源循環生産学講座
施設農業生産学分野
企業・研究者の方へ
  自治体の方へ
当研究室への進学を希望する方へ
English Japanese
 ホーム
各論文の別刷りやファイルが必要な場合はメールにてご請求ください。
論文I-1
山本晴彦,鈴木義則,小島孝之,早川誠而,井上康,田中宗浩,1994年
近赤外域の分光反射特性による植物の葉内水分量の推定
日本リモートセンシング学会誌 14, 293-301

論文I-2
M.Tanaka, A. Shibata, N. Hayashi, T. Kojima, H. Maeda and Y. Ozaki, 1995年
Discrimination of commercial natural mineral waters using near infrared spectroscopy and principal component analysis.
Journal of Near Infrared Spectroscopy, 3: 203-210

論文I-3
H. Maeda, Y. Ozaki, M. Tanaka, N. Hayashi and T. Kojima, 1995年
Near infrared spectroscopy and chemometrics studies of temperature-dependent spectral variations of water: relationship between spectral changes and hydrogen bonds.
Journal of Near Infrared Spectroscopy, 3: 191-201

論文I-4
M. Tanaka and T. Kojima, 1996年
Near-infrared monitoring of the growth period of Japanese pear fruit based on constituent sugar concentrations.
Journal of Agricultural and Food Chemistry, 44: 2272-2277

論文I-5
田中宗浩,小島孝之,1997年
PLS回帰分析を用いた近赤外分光法によるナシ果汁の各構成糖含有率測定.
農業施設 27: 217-224

論文I-6
劉蛟艶,小島孝之,田中宗浩,多々良泉,1998年
振動および貯蔵温度がナシ果実の品質に及ぼす影響.
農業施設 28: 217-224

論文I-8
T. Kojima, J. Y. Liu, S. Fujita, S. Inaba,M. Tanaka and I. Tatara, 1999年
Analysis of vibration and its effects on strawberries during highway transport.
The Journal of The Society of Agricultural Structures, Japan, 29: 197-203

論文I-9
M. Liu, M. Tanaka, A. Tanaka , H. Chen, and T. Kojima, 2000年
Application of porous ceramic pipes in vegetable cultivation (part1)
- Development of auto-irrigating system with negative pressure -.
Journal of Society of High Technology in Agriculture, 12(3): 182-189

論文I-10
M. Liu, M. Tanaka, A. Tanaka , D. Chen and T. Kojima, 2000年
Application of porous ceramic pipes in vegetable cultivation (part2)
- Controlling soil temperature by circulating warm water in a buried porous ceramic pipeline -.
Journal of Society of High Technology in Agriculture, 12(4): 232-241

論文I-11
脇屋裕一郎,田中宗浩,小島孝之,鈴木一弘,西村弘,2000年
豚尿処理水を用いた養液栽培技術の開発 -水耕培養液としての利用-.
西日本畜産学会報 43: 17-23

論文I-12
P. Sirisomboon, M. Tanaka, T. Akinaga and T. Kojima, 2000年
Evaluation of the textural properties of Japanese pear.
Journal of Texture Studies, 31: 665-677

論文I-13
P. Sirisomboon, M. Tanaka, S. Fujita and T. Kojima, 2000年
Relationship between the texture and pectin constituents of Japanese pear.
Journal of Texture Studies, 31: 679-690

論文I-14
P. Sirisomboon, M. Tanaka, S. Fujita, T. Akinaga and T. Kojima, 2001年
A simplified method for the determination of total oxalate - soluble pectin content in Japanese pear.
Journal of Food Composition and Analysis, 14: 83-91

論文I-15
脇屋裕一郎,田中宗浩,北島晶子,坂井隆宏,小島孝之,2001年
豚尿処理水を用いた養液栽培技術の開発(第2報) -汚水処理の附帯施設としての利用可能性-.
西日本畜産学会報,44: 83-89

論文I-16
R. Hasbullah, T. Tanabe, M. Tanaka and T. Akinaga, 2003年
Non-destructive prediction of internal quality of heat-treated ‘Irwin’ mango by near infrared spectroscopy.
The Journal of The Society of Agricultural Structures, Japan, 33: 155-166

論文I-17
脇屋裕一郎,田中宗浩,田中朱里,川﨑貴明,坂井隆宏,小島孝之,岩永到悦,2003年
豚尿処理水を用いた養液栽培技術の開発(第3報) 野菜類,花卉類およびハーブ類を利用した高次処理システムの開発.
西日本畜産学会報 46: 71-77

論文I-18
脇屋裕一郎,田中宗浩,橋本暁子,坂井隆宏,式町秀明,2005年
メタン発酵技術を活用した沈殿汚泥処理法の開発.
西日本畜産学会報 48: 81-84

論文I-19
P. Sirisomboon, M. Tanaka, S. Fujita, and T. Kojima, 2005年
Evaluation of Pectin Constituents of Japanese Pear by Near Infrared Spectroscopy.
Journal of Food Engineering, 78: 701-707

論文I-20
Kusumiyati, T. Akinaga, M. Tanaka, S. Kawasaki, 2008年
On-treeandafrer-harvesting evaluation of firmness, color and lycopene content of tomato fruit using portable NIR spectroscopy.
Journal of Food, Agriculture & Environment, 6(2): 327-332

論文I-21
P. Sirisomboon, Y. Hashimoto, M. Tanaka, 2009年
Study on non-destructive evaluation methods for defect pods for green soybean processing by near-infrared spectroscopy.
Journal of Food Engineering, 93: 502-512

論文I-22
P. Sirisomboon, M. Tanaka, T. Kojima, 2012年
Evaluation of tomato textural mechanical properties.
Journal of Food Engineering, 111: 618-624

論文I-23
P. Sirisomboon, M. Tanaka, T. Kojima, P. Williams, 2012年
Nondestructive estimation of maturity and textural properties on tomato
‘Momotaro’ by near infrared spectroscopy.
Journal of Food Engineering, 112: 218-226

論文I-24
W. Phayom, K. Iwashita, M. Iwata, M. Tanaka, 2012年
Study of a Slurry Irrigation System by Methane Fermentation Digestion for Wet Rice Cultivation.
Engineering in Agriculture, Environment and Food, 5(2): 57-64

論文I-25
W. Phayom, C. Umezaki, and M. Tanaka, 2012年
Relationships between Major Constituents, Storage Conditions, and Higher Heating Values of Rice Straw.
Engineering in Agriculture, Environment and Food, 5(2): 76-82

論文Ⅱ-1
小島孝之,田中宗浩,久松衛,1992年
ホテイアオイからのメタンガス生産 Ⅱ.メタン発酵に及ぼす前処理の影響
農業機械学会九州支部誌,41: 63-68

論文Ⅱ-2
小島孝之,井上康,田中宗浩,1994年
近赤外分光法による生育肥大中及び成熟ナシ果実の糖度測定
佐賀大学農学部彙報,77: 1-10

論文Ⅱ-3
小島孝之,田中宗浩,辻秀史,1995年
近赤外分光法によるビール大麦の品種判別及びタンパク質定量分析
佐賀大学農学部彙報,78: 1-9

論文Ⅱ-4
田中宗浩,上田実穂,劉蛟艶,小島孝之,2001年
ドライアイス予冷による低温及び高濃度二酸化炭素環境がニホンナシ果実の品質に及ぼす影響
農業機械学会九州支部誌, 50: 55-60

論文Ⅱ-5
王 延耀,孟 海波,田中宗浩,小島孝之,2002年
廃食用油の物理的処理とその燃料特性に関する基礎的研究
農業機械学会九州支部誌, 51: 11-15

論文Ⅱ-6
田中宗浩,久保田孝,江上修一,園田秀三,中村修,小島孝之,2002年
福岡県大木町における豚尿の水田施用に関する研究-地域内における資源循環型稲作の実証試験-
農業機械学会九州支部誌,51: 17-22

論文Ⅱ-7
田中宗浩,暮沼有田,増本輝男,小島孝之,2003年
培養液中の溶存酸素濃度制御によるイチゴの高設栽培試験-酸素濃度と果房品質の関係-
農業機械学会九州支部誌,52: 5-9

論文Ⅱ-8
中村修,小林将也,三浦真慈,石崎勝義,田中宗浩,2003年
適材適所の環境技術
長崎大学総合環境研究,6-1:81-87

論文Ⅱ-9
中村修,佐藤剛史,田中宗浩,2004年
循環型社会形成に向けた有機液肥の水田利用の可能性-堆肥市場と有機液肥市場との比較研究-
長崎大学総合環境研究, 7(1): 13-24

論文Ⅱ-10
田中宗浩,2004年
タイにおける廃棄物処理の状況と課題
農業機械学会九州支部誌, 53: 35-40

論文Ⅱ-11
田中宗浩,2004年
有機系廃棄物の液肥化利用技術
気象利用研究, 17: 14-17

論文Ⅱ-12
寺崎農,田中宗浩,2007年
厨芥用の低コスト小型バイオガスプラントの開発
農業機械学会九州支部誌, 56: 15-18

論文Ⅱ-13
秋永優子,中村修,田中宗浩,甲斐純子,小林法子,古賀夏奈,2007年
し尿液肥循環に基づく循環授業プログラムの実施および効果
福岡教育大学紀要,56: 147-154

論文Ⅱ-14
中多啓子,小川静香,田中宗浩,尊田民喜,安田みどり,藤田修二,福本裕二,2007年
施肥の違いによる栽培サラダナのラジカル補足活性の相違.
日本家政学会誌, 58: 407-411

論文Ⅱ-15
M. TANAKA and N. Sakamoto, 2007年
Study on the Thermal Analysis in Aerobic Treatment of Human Waste for Making Liquid Fertilizer.
Proceeding of International Seminar on Agricultural Structure and Agricultural Engineering, 292-298.

論文Ⅱ-16
田中宗浩,弓削こずえ,中野芳輔,岩下幸司,2009年
メタン発酵消化液を用いた水稲栽培における肥培かんがい手法の検討
農業農村工学会資源循環部会論文集,5:107-119.

論文Ⅱ-17
C. Umezaki, W. Phayom, M. Tanaka, 2010年
Development of a Calorimetric Method by Using Thermodynamically Open System.
Proceeding of International Conference in Agricultural Engineering,

論文Ⅱ-18
W. Phayom, C. Umezaki, M. Tanaka, 2010年
Feasibility Study of Determination of the Heating Value by an Open System Calorimeter
Proceeding of International Conference in Agricultural Engineering,

論文Ⅱ-19
M. Ota1 and M Tanaka, 2011年
Study of hydroponics by digested liquid from methane fermentation.
Proceeding of International Workshop On Agricultural and Bio-systems Engineering (IWABE),

論文Ⅱ-20
M. Tanaka, W. Phayom, C. Umezaki, 2011年
Development of small scale fast pyrolysis reactor
Proceeding of International Workshop On Agricultural and Bio-systems Engineering
(IWABE),

論文Ⅱ-21
P. Wang1, M. Tanaka, 2011年
Thermal balance analysis of autothermal thermophilic aerobic treatment of human waste.
THERMAL BALANCE ANALYSIS OF AUTOTHERMAL THERMOPHILIC AEROBIC TREATMENT OF HUMAN WASTE
Proceeding of International Workshop On Agricultural and Bio-systems Engineering
(IWABE),

論文Ⅱ-22
田中宗浩,矢部光保,林岳,2012年
多収米「ミズホチカラ」の生産費分析
農業機械学会九州支部誌, 56: 15-18

論文Ⅱ-22
秋永孝義,山城嵩陛,田中宗浩,2013年
近赤外およびフーリエ変換赤外分光分析法による泡盛の酒質判定
日本食品保蔵科学会誌, 受理済・掲載待ち
------------------------------------------------------------------------------------------------------
著書-1
田中宗浩(分担執筆),1993年
コジェネって何だろう
エネルギー生協研究会 編
コジェネ電力革命,ダイアモンド社,17-45

著書-2
Maeda H., Y.Ozaki, M.Tanaka, N.Hayashi and T.Kojima, 1996年
Fourier tranform near infrared study of aqueous solutions of simple salts: from molecular spectroscopic study to chemometrics.
Ed. A.M.C. Davis and Phil Williams
Near Infrared Spectroscopy: The Future Waves, NIR Publications, 41-43

著書-3
Kojima T. and M.Tanaka, 1996年
Measurement of construction sugar in Japanese pear using near infrared spectroscopy
Ed. A.M.C. Davis and Phil Williams
Near Infrared Spectroscopy: The Future Waves, NIR Publications, 644-647

著書-4
田中宗浩(分担執筆),2003年
近赤外分光法によるミネラルウォーターの銘柄識別
河野澄夫 (編集)
食品の非破壊計測ハンドブック,サイエンスフォーラム,168-172

著書-5
T. Kojima, S. Fujita, M. Tanaka and S. Panmanas, 2004年
Plant compounds and fruit texture: the case of pear.
Texture in food Volume 2: Solid foods,CRC Press, 259-294

著書-6
田中宗浩(分担執筆),2009年
世界の環境教育
全国環境学習支援ネット 監修,小学校環境教育実践事例集,小学館,116-119

著書-7
田中宗浩(分担執筆),2010年
廃棄バイオマスを用いた多収量米の生産技術と収益性,
矢部光保,両角和夫 編集,コメのバイオ燃料化と地域振興 エネルギー・食料・環境問題への挑戦,筑波書房,103-120

著書-8
田中宗浩(分担執筆),2012年
よくわかる農業施設用語解説集
農業施設学会 編集,筑波書房

戻る
   Copyright © 2013 Saga University. All Rights Reserved.